タブラとは

高音と低音のふたつの太鼓を、指や手のひらで叩く打楽器で、多彩な音色を奏でる太鼓。インドの楽器として知られていますが、ネパールでも古典音楽などに多く使われネパール音楽には欠かせない楽器。身に付いてくると、言葉を話すように、タブラで自由に表現できるようになる。